日本のインフラを創造する技術力。

一般社団法人静岡県建設コンサルタンツ協会
  • 沼津卸団地歩道整備
  • 足柄金時地区ほ場整備
  • 達磨橋配水池
  • 白隠のみち

一般社団法人静岡県建設コンサルタンツ協会は、上昇志向のフィールドです。

私たち協会の名称にはコンサルタン『ツ』と複数形を使っています。

これは、各企業や技術者の集団という意味だけではありません。建設には「一つ」「単独」ということはありません。多くの要素・階層・人、そして技術が必要です。建設コンサルタントは、そういったことを総合して、一つの建造物を創造する知の技術だと思っています。総合して創造する。造語ですが、このようなことを『創合』と言ってもいいのではないでしょうか。そして、『ツ』にはまた、協働、パートナー、集団、共有、共通、多様な歴史・自然・風土といったことも含んでいます。

協会は、このような建設コンサルタントたちの、上昇志向のフィールドです。

建設コンサルタントとは

「建設コンサルタント」って何?

道路・橋・トンネル・公園・ダムや下水道など社会基盤となる施設を完成させるための企画・計画・調査・設計および施工監理と、すべての段階に関わり、国・県・市・町などの技術的パートナーとして活躍する技術者集団です!!

どんな仕事をしているの?

  • 災害に強い施設づくりのための提案や設計をしています。
  • 自然環境を活かし、快適で住みよいまちづくりのための提案・設計や人にやさしい施設づくりの提案をしています。
  • 道路や橋など交通体系整備のための計画・設計や、古くなった施設を地震に耐え、長持ちさせるための調査・設計もしています。
  • 産業等を振興発展させるため、農地や工場、スポーツ、レクリエーション施設などの、基盤づくりのための計画・設計もしています。

会員会社が関わった成果品の写真

ページの先頭へ